婚活プランの立て方

No27.婚活プランの立て方

婚活も積極的に「傾向と対策」を練るべきですね。

まずは自分の婚活プランをしっかりと考えてみましょう。

 

婚活プラン≠ニスケジュール例
■婚活プランは最終ゴールから決めるのが基本

どうも踏ん切りがつかない、相手に対して「この人で本当にいいのか」などと悩んでしまう、自分がしている婚活が正しいのかわからない……こんな婚活迷える子羊タイプ≠ェ多いようですね。漠然と「結婚したいなぁ」と思っているだけでは、なかなか実現は難しいものです。

婚活プランは最終ゴール(結婚)を定めておおまかなスケジュールを立てるのがポイントです。

1年以内に結婚をする、35歳までに結婚をする、といったように一応の区切りを自分の中で決めておきましょう。

それまでに結婚相手を探すという縛りがあった方がより熱意を持って動けるようになります。また自分に対して「決断を迫る」きっかけにもなるでしょう。

 

婚活プランの立て方
  • 最終ゴールを区切る(1年以内・35歳まで、など)
  • 相手に対する希望や条件を優先順位をつけて明確にしておく(価値観・収入・年齢・趣味など)
  • 1月ごとのノルマを決める(婚活パーティーに2回以上参加する
  • 必ず1人には連絡先を渡してみる、など)
  • カップリングしたら、相手を見極めるデートの回数を決めておく(3回デートしたら見極めタイム、など)
  • 3ヶ月たっても良い出会いがないと思ったら、別の方法に切り替えてみる(婚活パーティーの種類を変える、相手に対する希望条件を改めてみるなど)

 

スケジュールごとの婚活パーティーの選び方

〈初期〉

初回は中〜大規模パーティーを選んでみよう→まずは多くの人が参加する婚活パーティーで自分のタイプを見極めたり、場慣れする機会を持ちましょう。少し慣れたら個室スタイルやランチお見合いパーティーなども参加してみましょう。

 

〈3ヶ月〜6ヶ月〉

参加条件や資格から婚活パーティーを選ぶ→収入や趣味、年齢などから自分の希望にマッチしたパーティーを選びます。タイプの異性と出会える確率が高く、うまくいく可能性もアップします。初期の段階で何度か婚活パーティーに参加し、流れや雰囲気も掴めたところでしょうから、この中盤戦が婚活でも大切なポイントになります。

 

〈うまくいかない時〉

イベント系で気分を変える、カジュアルな合コンスタイルや街コンなどもいいですね。婚活は、悩むより動け、です。なぜうまくいかないのかと落ち込むよりも、普段は参加しないようなスタイルのものを選んで違った環境に身を置いてみましょう。

 

〈期限前3ヶ月〉

期限が近づいたらより真剣度の高い結婚相談所主催の婚活パーティーなどに参加してみるのもひとつのテです。

 

また「マリッジ向け」「半年以内に結婚したい人向き」といったような結婚を強く意識した婚活パーティーを選ぶようにしましょう。

 

→ 人気お見合いパーティーランキング

 

TOPへ戻る

カテゴリー

カテゴリー

カテゴリー

カテゴリー

カテゴリー

出会いの確率を高めるネット婚活